千葉で家や土地を売りたい方におすすめしたい不動産買取業者を厳選して紹介!【口コミで評判の不動産買取業者BEST5!】

家を売るのに仲介手数料は発生するの?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/10

仲介手数料ってご存知ですか。不動産売買の場合、「売主と買主の間に入り、調整や契約事務などを行う不動産会社(仲介会社)に支払う手数料のこと」です。宅地建物取引業法で上限が定められています。

 

 

 

売買価格          報酬額

200万円以下        取引額の5%以内

200万円以上400万円以下  取引額の4%以内

400万円以上        取引額の3%以内

売買価格には消費税を含みません。ただし、報酬額には別途消費税がかかります。売買価格が400万円を超える場合は、以下の計算式で求められます。
(売却価格×3%+6万円)+消費税

仲介手数料は必ずしもかかるものではありません。手数料無料を謳っている業者もいます。しかし、仲介手数料の有無だけで業者を決めるのは得策ではありません。事前にしっかりと理解しておきましょう。

 

買取か売却かで異なる!

冒頭で述べたとおり、仲介手数料というのは売主と買主の間に入った手間賃のようなもの。したがって、不動産会社が直接買主となる買取の場合は仲介手数料は発生しません。

その代わりというのもヘンですが、一般に買取価格は売却価格を下回ることが多いです。なぜかというと、不動産会社の買取は「販売するための物件の仕入れ」にあたります。

販売するためには修理やリノベーション、リフォームが必要。付加価値を付け、再度販売をおこなう事業目的で購入している訳です。そうした経費が加算されることを見越しての買取価格になるから、売却より低い価格になりがちなんですね。

しかし、早急に現金化したいときには、売却より早く手続きが完了する不動産買取がおすすめです。そして、買取は売主に設備の修復責任や瑕疵担保責任の義務が発生しませんので、後々まで安心できるというメリットもあります。

 

手数料で決めない!業者選びのポイント!

仲介手数料が無くても結果として売主にとってマイナスになることもあります。ここで不動産売却における業者選びについて考えてみましょう。

■大手と地元密着型。それぞれ特色がある
大手不動産会社の場合、資本力を背景とした安心感はあります。自社で多くの見込客を抱えていますし、宣伝力もありますので、売れやすいかもしれません。一律の社員教育を受けているので社員に大きな個人差はないですが、多少マニュアル化されていて融通が利かない傾向はあるかもしれません。

地域密着型の不動産会社は地元の情報に精通しており、地元に顔が利きますのでスムーズな売却も可能です。担当者とも共通の話題も多く、リラックスして相談できます。地元の顧客を大切にしますので、親身になって売却相談に乗ってくれることが多いでしょう。

■売却が得意なところに依頼しよう
不動産業といっても売却をめったにしない業者もいます。売却専門、もしくは売却に慣れた実績ある業者に依頼しましょう。慣れている業者は適正な相場も把握していますし、買主に関してもいい情報を持っているものです。

■査定や販売上の戦略を説明してくれる
査定の根拠や周辺の適正相場、どのように方法で売るかなどの戦略について訪ねてみましょう。きちんと説明できないところには頼んではいけません。

もちろんそれ以前に免許番号や行政処分情報を確認することをお忘れなく。正規の業者かどうか、違反行為はないかきちんと確認するのは言うまでもないことです。

 

まとめ

不動産物件の売却にあたり、仲介手数料は無いに越したことはありませんが、それだけでは決定打にはなりえません。売却に強く実績豊かで、納得のいく説明をしてくれる業者を選んで売却をするよう心がけましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
千葉の不動産買取業者ランキング!
エリア別おすすめ買取業者
その他買取・売却業者