千葉で家や土地を売りたい方におすすめしたい不動産買取業者を厳選して紹介!【口コミで評判の不動産買取業者BEST5!】

千葉の不動産買取業者ランキング!

千葉で不動産買取業者を探している方向けにランキングサイトを作成しました!

はじめまして。

千葉市内の実家で暮らす大卒の社会人1年生です。

千葉市内のマスコミ関係の会社で働いています。

うちの祖父母は東金市の海近くの家で隠居暮らしを楽しんでいたんですが、高齢になるにつれ、転んでケガをしたり、風邪が長引いたりするようになって心配な状況が続いていました。

見かねた父母が同居話を持ちかけ、祖父母も承諾。

住んでいた東金の家を処分することに。

元々、祖父は一家で市原市内に住んでおり、そこにも一戸建ての家を所有していました。

最近までいとこ家族に貸していたんですが、都内にマンションを購入したため引っ越してしまい、空家になっていたんです。

「市原の家も他人に貸すとなると管理が面倒なのでもう売ろうか」という話になりました。

2件の家を売るにあたり、年老いた祖父母に代わって父と僕が中心となって動きましたが、最初は知らないことが多く、業者探しも大変苦労しました。

しかし、調べていくうちに不動産買取や千葉の不動産買取業者に詳しくなり、結果なかなか好条件での売買が成立。

祖父母も喜んでくれました。

せっかくですし調べたことや業者さんに直接聞いたことなどをまとめたサイトを立ち上げ、業者さんをランキング形式でまとめてみることにしました。

自分たちのように不動産買取業者を検討中で、買取や買取業者に不安をお持ちの方々のお役に立てればうれしいです!

千葉の不動産買取業者ランキング一覧!

リゾート物件も取り扱い可能!地域密着型のおすすめ業者!
一般的に、住宅街のなかにある不動産は買取のニーズが高く、そうでない物件は敬遠される傾向があります。 しかし、房総スタイルでは千葉県内にある物件であれば立地や築年数は基本、関係なく買取ってくれると評判です。 住宅街を離れた山林の中や海辺に建つ一軒家、相当な築年数の経過した家屋でも、リゾート物件・古民家として価値があると評価し、買取を行ってくれます。 現代、ライフスタイルはますます多様化が進行しています。 あらゆるライフスタイルに対応するために、房総スタイルはバリエーション豊かなラインナップを用意したいと考えているようです。 バラエティーに富む物件を取揃えるため、一般住宅はもちろんのこと、個性的な物件も多数、必要としているんですね。 住宅街に住居があれば生活は便利になりますが、すべてに現実感が伴ってきます。 しかし、リゾートライフや田舎暮らしを楽しむためには、多少の不便があってもゆったりとした時間の流れる、ある意味非現実的な環境が必要でしょう。 そうした価値に目を向けるのが地域密着型の企業ならではの良さ。 つねに自社の都合を優先しがちな都会の大企業とは異なり、売り手である地域のみなさんの事情も考慮し、最大限の評価をしたいと考える。 房総スタイルはそんな会社です。
「ありがとう」の言葉に応え続ける、地元でも評判の企業!
雅エステートは創業から10年を迎えた不動産会社です。 「今後もお客様の『ありがとう』の言葉に応えるために自分に何ができるか実践して参ります」。 自社サイトの会社案内に書かれた代表のごあいさつにこの会社のスピリットがよく表れています。 まずご紹介したいのが、雅エステートの社員のみなさんがとても丁寧で親切だと評判であるということです。 たいていのお客様は感謝するでしょう。 でもその「ありがとう」に応え、さらにサービスを向上させ続けるのは並大抵のことではありません。 しかし、考えてみれば不動産の売買って一生に一度レベルの大きな売物であり買物です。 それは売買する人の人生を左右しかねないほど。 そう考えるとこのような絶え間ない努力は必要なことなのかもしれません。 地元での評判の高さはこの努力の裏付けがあってのことでしょう。 商売すべてに当てはまることですが、特に不動産売買に重要なのは「信頼」だとわたしは思っています。 一般的な人にとって、不動産は人生で最も高額な売物・買物なんですから、信頼が無くなればたちまち不動産会社は崩壊してしまいます。 信頼の礎となるものこそ「感謝の心」。「ありがとう」の声に応え続けている限り、雅エステートは10年、20年後も存在し、成長し続けていくことができるでしょう。
スピード買取はお任せあれ!全国対応の買取業者!
株式会社フレキシブルは不動産買取は全国の政令指定都市で対応可能です。 東京都であれば島部などを除くほぼ全域で対応できます。 千葉県であれば千葉市。 詳細には千葉市中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区が自社サイトに明記された買取対応エリアです。 物件買取に関する相談や問い合わせに対しては原則、即日回答をしてくれます。 (休日をはさむ場合など、一部例外もありますのでご注意ください。) 物件査定もスピーディーで、10億円まででしたら翌日決済が可能です。 売主側にはさまざまな事情があるものです。 特に住宅ローンの支払いが苦しくて売りたい方や、債務整理をする方なら急ぎ物件を売却したいでしょうし、支払いのために少しでも早く現金化したいでしょう。 そのような急を要する要望にもフレキシブルは他社よりスピーディーに対応する自信があるとのこと。 「急いで売るならフレキシブル!」自社サイトに書かれた一言にもその自信が表れていますね。 瑕疵担保免責、境界非表示、現況有姿での買取をしてくれることも、急ぎの売主にはたいへん好評を博しています。 全国展開の大手で安心できて、買取が他社より迅速という2点はフレキシブルの大きな魅力でしょう。
抜群の知名度、最大級の不動産ネットワーク!
1971年。 アメリカでアーサー・バーレットとマーシュ・フィッシャーによって設立された不動産フランチャイズネットワークがセンチュリー21の始まり。 設立当時のFCネットワークはわずか17店舗でした。 しかし、その優れたFCシステムが功を奏し、5年後には全米最大級の不動産ネットワークに急成長。 いまでは世界最大級の不動産ネットワークとして広く知られるようになりました。 世界80ヶ国・地域。8,000店舗数。 そして、119,000人もの営業スタッフが在籍しています。 日本では、1983年、伊藤忠商事と大手金融機関が株主となり株式会社センチュリー21・ジャパン(日本本部)が設立されました。 「安心と信頼」をモットーに日本でも店舗ネットワークを拡大し、2018年3月現在、北海道から沖縄までの935店舗、6,509人の営業スタッフが住まい選びのお手伝いをしています。 それぞれのエリアの各店舗が地域密着で、豊富な実績と世界最大級のネットワークで、売主の大切な住まいの売却をサポート。 CMなどの効果もあって、知名度も抜群ですよね。 センチュリー21なら不動産のプロフェッショナルとして、不動産買取においても、売主の要望に応えてくれることでしょう。
不動産関連の相談は誠意をもって親身に対応!
「他社で断られた家もぜひご相談ください!」。 株式会社さくら都市の『すまい買取.com』にはドーンと目立つように、こう明記されています。 「家自体が・設備が古い」「長年放置された空家で痛みがひどい」「ローンが残ってる」など、さまざまな理由で何社からも買取を断られることも多い現代。 売れない家を抱えて途方に暮れ、悩まれていらっしゃる方は少なくないと思います。 そんな方にとって「ぜひご相談ください」というさくら都市の一言は、非常に心強くありがたく感じられることでしょう。 地元に根ざして18年。 地域密着型の不動産会社であるからこそ、地域の売主に心を配り、信用を積み重ねてきた歴史があります。 急ぎの売主には全物件、抵当権を一切付けずに戸建全物件を買取。 査定後、最短で翌日には現金で買取を可能にしています。 さくら都市は相続・任意売却ほか、不動産関連の相談には誠意をもって親身に対応することを公言。 査定額も「地域No.1」を目指していますので、売主も安心して任せることができるでしょう。

房総スタイルを物件買取で1番におすすめしたい理由

千葉県内の不動産買取業者ランキングTOP5

あくまでわたし自身の考えによるものでしたが、いかがでしたでしょうか。

1位には房総スタイルさんを選ばせていただきました。

■選べる売却方法

不動産売却にあたり、わたしたち売主に、買い取り、仲介、売却保証などさまざまな方法を提案してくれます。

築年数の古い物件はもちろん、倉庫やマンションや土地などあらゆる買取を実施。

大手ではありませんが、土地や戸建てはもちろん収益物件、高額物件など、幅広い種類の扱っているため、売主それぞれに合った提案が可能です。

■リゾート物件・古民家も買取OK

一般的な不動産業者が買取する不動産は住宅街の中にあるものが多いのですが、房総スタイルでは住宅街以外にある不動産物件も買取ます。

リゾート物件と言われる海一望の大型住宅や古民家なども価値があるものと評価。

個性的な物件も多く取扱っていますし、築年数も関係ありません。

■買取価格に自信あり!

大手が提示する買い取り価格より房総スタイルの方が高かったですし、ほかの売主にもそう言われるそうです。

個々の売主の売却事情を考慮。

納得のいく価格を提示するため、社員さん一同がんばっているんだと思います。

とにかく、売主に親身になって相談に乗ってもらえる不動産会社さんです。

■親切かつスピーディーな顧客対応

売主を取巻く環境、事情をよく聞いてくれて、不安要素を取除き、希望に添う対応をしてくれます。

ダラダラと顧客を待たせることなく、短時間で結論を出してくれるスピード感もありがたいです。

■千葉全域をカバーしている

地域密着型企業としてもともと房総エリアが特に強いですが、買取に関しては千葉県全域対応可能としています。全域を対象としている業者はそこまで多くないため、頼もしい限りです。

■人情味のある親切な会社

地元密着型企業らしく、大手にはない人情味ある対応を心がけているそうです。

たしかに!ご親切でご丁寧な対応は社会人1年生のわたしにも勉強になりました。

以上がわたしが房総スタイルを選んだ理由ですが、2位以下の不動産買取業者さんもとてもいい会社ばかりですので、個々の記事を熟読していただき、ご自身やご家族の事情・希望にあった買取業者さんを見つけて、納得がいく価格・条件での不動産売却を実現してくださいね!

不動産買取と不動産売却の違い

「手持ちの不動産物件を売りたい」と考えておられる方の中で「不動産買取」と「不動産売却」の違いについてよくわからない方もおられるのではないでしょうか。

わたしがそうでした(笑)。

■不動産買取

条件に合えば不動産業者がすぐ買取ってくれる。

最終的には自社商品として販売するために買う。自社商品の仕入れ。

ただし、買取価格は、市場価格より安い場合がほとんど。

仲介手数料不要。

現状のままで明け渡し可能。

■不動産売却

不動産会社を仲介業者となって一般のお客さんが買主となる。

マンションの売主の依頼を受けて買主を探し、売買契約を成立させる業務。

仲介手数料が必要。

必要性があれば売主自身がクリーニングやリフォームを実施する必要がある。

そして実際に物件が売れるまでに1カ月半~3カ月かかる。

ざっくりと説明すれば以上です。

以降の章でくわしく説明していきたいと思います。

不動産売却のメリット・デメリット

では、不動産売却にはどんなメリットデメリットがあるんでしょうか。

■不動産売却のメリット

市場価格での売却が可能

・買主が決まるまで時間的な余裕がある

・譲渡益による譲渡所得税が軽減される(ただし諸条件あり)

・買い替えの場合は譲渡益による譲渡所得税の課税を繰り延べできる(ただし3年間)

■不動産売却のデメリット

・売却までに1カ月半~3カ月かかる

・売却が周囲に知られてしまう

・仲介手数料、クリーニング・リフォームなどの経費がかさむ

瑕疵担保責任に問われる可能性がある

・内覧のめんどうさがある

どんな物件が売れるの?

では、どのような物件であれば売れやすいのでしょう?

上記とバッティングする部分もございますが、ご紹介します。

■利便性が高い・住環境がいい

都心への交通アクセスがいい。

駅が近い。

環境がいい。

利便性が高い、閑静であるなど。

住宅の周辺にある生活に必要な諸々の施設や、人気の施設・店舗などがあると買手が増えます。

■人気の沿線にある

都心まで1本で行ける。

あるいはリゾート地までアクセスがいい。

おしゃれなイメージがある。

生活に必要な諸々の施設や、人気の施設・店舗などが多くある沿線にあれば買手がつきやすいでしょう。

■近くに公園や緑が多い

住環境に入るかもしれませんが、子育て世代には特にニーズがあります。

■眺望や方角がいい

部屋の窓からの景色いいことや、日当たりが良い住宅も重要なポイント。

周辺に高層マンションなどの建設予定がない。

道路の拡張工事などの予定が無いことも大切です。

■築年数が浅い・メンテが徹底している

一般には新築に近いほど売れます。

しかし、古いが手入れが行き届いている。古いが建物が強固で、古い時代ならではのメリット(重厚なデザイン、庭に桜の大木があるなど)があればまた違ってくるでしょう。

マンションなども大手ゼネコンの建築であったり、管理組合がしっかりしていれば、古くて人気が高いこともあります。

■間取りが自由に変更できる

家族の状態の変化によってリフォームがしやすい家は、将来にわたる利便性があるので買主にニーズが高いです。

また、間取り的にはリビングが広いこと、部屋数の多さも人気要素となります。

■高機能住宅・健康住宅

エコや省エネ、健康に留意された機能性の高い住宅はメリットが高いので買い手が喜びます。

■共用施設が充実・エントランスなどが豪華

マンションの場合ですが、築年数より重視されることもあります。

■敷地面積や占有面積が広い

言うまでもありませんが、快適さや便利さがまるで違ってきます。

売却で内覧などがある場合は、可能な限り掃除をして、インテリアなどに工夫すれば「ここをがほしい!」と思ってもらえる確立が上がると思います。

特に住環境的な部分に自信がない場合、家の中の印象は絶対に良くないと不利でしょうね。

業者を選ぶ際におさえておくべきポイント!


これから家を売りたい方にとっては「良い不動産会社」を選ぶことは重要でしょう。

人生の中でもっとも大きな売物になる訳で、慎重な調査・選択が必要です。

■最初に免許番号と行政処分歴を調べよう

不動産の売買を仲介するには、宅地建物取引業の免許が必須。

不動産会社の免許番号をまずは確認しましょう。

万が一無免許業者だったら大変です。

そして、行政機関に行けば、宅地建物取引業者名簿を無料で閲覧可能。

過去の実績や行政処分歴などがわかります。

免許を交付した行政機関は、「国土交通大臣免許」「各都道府県知事免許」があるので、詳しくは各行政機関の担当部署に確認しましょう。

※国土交通省・一部都道府県では、免許業者の行政処分情報をネットで確認できます。・国土交通省ネガティブ情報等検索システム<宅地建物取引業者>

・都道府県知事が行った監督処分情報

■中古住宅買取に実績のある不動産会社か?

賃貸中心の不動産会社、新築分譲物件の販売などがメインでは、中古住宅買取に関しての専門性が低いでしょう。

また商業用の不動産には強くても、住宅は弱いという会社も存在します。あくまでも中古住宅買取に専門性や実績のある会社を選択しましょう。

■経営状態はいいか?

企業体力が無い会社では買取も不安です。経営状態のいい会社を選びましょう。

■地域密着型の不動産会社か?

「都内は大手が強く、地方では地域密着型の中小不動産会社が地域に精通していて強い」と言われているとか。

千葉県内なら地域で中古住宅を多く販売している会社であれば買手も多く、また、早期の取引が可能でしょう。

■直接話してみて質問に即答できる担当者か?

家を売る相談を持ちかけたとき、何でも即答できる、あるいは「ただちに調べます」と、すぐに対応してくれる担当かを見極めてください。

特に「この査定価格はどうやって決めたんですか?」など、核心を突く部分は忘れずに確認しましょう。

■担当者や社員のマナーがきちんとしているか?

不動産会社を訪れた際の社員の対応や態度に落ち度がないかよくチェックしましょう。

ここでNGなら取引はやめてください。

■費用の説明をきちんとしてくれるか?

家を売る相談を持ちかけたとき、最適な方法を選択してくれるかはもちろんのこと、「この場合はこうした経費がかかる」という、費用の部分をきちんと説明してくれるところは信用できます。

お金の話をうやむやにするところは避けましょう。

チェックポイントが多いですが、何といっても大切な不動産をまかせる訳ですから、「石橋を叩いてわたる」くらいの慎重さでチェックしたいものです。

まとめ

わたしが知る限りの不動産買取に関する情報を網羅したつもりですが、参考になりましたでしょうか?

千葉県内だけでもおびただしい数の不動産会社が存在しますが、免許の有無や過去のトラブルなどの調査が済んだら「中古住宅の買取を専門的に展開している会社」をまずは絞込んでいただければと思います。

そこでかなりふるいにかけることができます。

しかし、わたしが厳選した買取不動産会社のランキングの中の、いずれかに相談していただけるとより間違いはないかと思います。

その上で、ご自身の目で見極めていただければよろしいかと思います。

不動産は大切なあなたの財産。

よい買取業者さん、担当さんにめぐり合って、「任せて良かった」と思える売却になりますよう、お祈り申し上げます。

社会的にも未熟な若造のつたない文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事一覧

会社名:株式会社スタイル・レゴ 住所:〒264-0017 千葉市若葉区加曽利町391 TEL:043-301- ・・・[続きを読む]
手持ちの不動産物件の売却を考えたとき「売りたいから売る」というだけではダメです。すべてのものごとには「タイミン ・・・[続きを読む]
会社名:株式会社アイビーホーム 住所:〒286-0203 千葉県富里市久能795番地1(本店) TEL:047 ・・・[続きを読む]
不動産の買取や売却をする際、税金がかかることをご存知でしたか?所得税や消費税などの税金があり、不動産の大きさや ・・・[続きを読む]
仲介手数料ってご存知ですか。不動産売買の場合、「売主と買主の間に入り、調整や契約事務などを行う不動産会社(仲介 ・・・[続きを読む]
売主が不動産の買取依頼をする際、どういった流れで不動産会社に対応してもらうか事前に知っておきましょう。この記事 ・・・[続きを読む]
瑕疵物件というのをご存知でしょうか?「不動産取引において物理的・法律的な欠陥がある物件」です。4つのタイプが存 ・・・[続きを読む]
不動産会社がすべて不動産物件の買取を行っている訳ではないように、すべての不動産会社が土地買取を行っている訳では ・・・[続きを読む]
古民家は「建築されて50年以上が経過しているヴィンテージ的な価値のある古い住宅」を指します。ただ築年数が古いだ ・・・[続きを読む]
「新しい住まいを購入して住替えたい」「こどもとの同居した」「親から相続したけど住む予定が無い」などで不要になっ ・・・[続きを読む]
家族や自分の状態の変化で、千葉県内で使わなくなった別荘やリゾート物件をもてあましている方もそこそこいらっしゃる ・・・[続きを読む]
住替、転居、相続などで不要なマンションができた場合はどうすればいいのでしょうか? 「誰かに貸しては?」という意 ・・・[続きを読む]