千葉で家や土地を売りたい方におすすめしたい不動産買取業者を厳選して紹介!【口コミで評判の不動産買取業者BEST5!】

古家付き土地の不動産価値はほぼゼロ!?空き家は解体すべき?

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/02/09

古家付き土地を売りに出す際、空き家を残すか、解体するか、悩む方も多いでしょう。古家付き土地は空き家の状態によって、そのまま売りに出したほうがいいか、解体したほうがいいかが変わってきます。今回は、古家付き土地の売却について、詳しく解説。古家付き土地を持っている方は参考にしてみてください。

古家付き土地とは

古家付き土地の「古家」とは、文字の通り古い家のことを指します。税法上、日本の木造の家は、建築から22年経つと資産価値がなくなってしまうとされています。しかし実際は、22年以上経っていてもまだまだ住める家が多く、近年では建築から50年ほど経ち、劣化して住むのは難しそうな家が古家とされます

古家付き土地を売りに出すときは、建物の資産価値がなくなってしまっているため、あくまでも土地がメインの売却になるのが特徴です。

■ 中古戸建てとは何が違うの?

不動産売却では、中古戸建ても多く売りに出されています。どちらも、土地に建物が建っているという点は同じですが、建物に人が住めるか否かで、古家付き土地か、中古戸建てか決まります

前述したように古家付き土地の建物は、人が住むのは難しい建物のこと。一方、中古戸建ては人が住める建物を指します。古家付き土地は建物の資産価値がないのに対し、中古戸建ては、土地と建物の両方に資産価値があるのです。

空き家は解体したほうがいい?

古家付き土地の空き家を解体したほうがいいかどうかは、空き家の状態で変わってきます。

■ 空き家を残したほうがいいケース

空き家を残したほうがいいのは、建物がまだ使える可能性がある場合です。最近では、古い家をフルリノベーションして住む人が増えてきています。日本独自の古い家の造りや雰囲気を活かしてリノベーションすることで、「古民家」として高値で売れることがあるからです。空き家の状態がそこまでひどいものではなく、まだ使える可能性があるなら、解体せずに売りに出したほうがいいでしょう。

ほかにも、その土地が再構築不可物件の場合も、解体しないことをおすすめします。「再構築不可物件」とは、建物を解体して更地にしても、現在の法律上、その土地に新たな建物を建設できない土地のことを指します。新たな建物を建設できない更地はなかなか売れないので、古家付き土地が再構築不可物件か、必ず確認してください。

■ 空き家を解体したほうがいいケース

空き家を解体したほうがいいケースは、空き家がボロボロで劣化が激しい状態の場合です。どれだけその土地がいい土地でも、そこにボロボロの空き家があると、それだけで買いたいと思う人は減ってしまいます。空き家を客観的に見て、買う気が失せてしまうほどボロボロなのであれば、解体することを検討してみましょう。

解体する場合費用はどれくらいかかる?

空き家を解体するとき、解体費用はどれくらいかかるのでしょうか?解体費用は、建物の構造と坪数で大きく変わります。建物が木造の場合、坪単価は4~5万円です。30坪の木造住宅を解体する場合、120~150万円程かかると考えられるでしょう。

また、空き家の状態で費用が加算されることがあります。多い例としては、アスベストの除去工事が必要なときや、モルタル壁の撤去が必要なとき、地中埋設物が見つかったときなどが挙げられます。空き家の構造、坪数、空き家に住めるかどうかによって、解体費用は大きく変動するのです。

 

古家付き土地の売却は、空き家を残したほうが売れるときと、解体したほうが売れるときの2つのパターンがあります。空き家の状態によって異なるため、まずは空き家をよく確認しましょう。どのくらいの解体費用がかかるのかも加味した上で、ベストな選択をしてください。

千葉の不動産買取業者おすすめランキング

商品画像12345
商品名房総スタイル雅エステート株式会社フレキシブルセンチュリー21(千葉)株式会社さくら都市
(すまい買取.com)
特徴リゾート物件も取り扱い可能!地域密着型のおすすめ業者!「ありがとう」の言葉に応え続ける、地元でも評判の企業!スピード買取はお任せあれ!全国対応の買取業者!抜群の知名度、最大級の不動産ネットワーク!不動産関連の相談は誠意をもって親身に対応!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
千葉の不動産買取業者ランキング!