千葉で家や土地を売りたい方におすすめしたい不動産買取業者を厳選して紹介!【口コミで評判の不動産買取業者BEST5!】

大手買取業者と地元買取業者、どっちがいい?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/29

手持ちの不動産を買取ってもらいたい売主にとって「どの不動産買取業者に依頼するか」は最初に直面する大問題。特に買取に関しては不動産業者選びがすべてとも言えるからです。

ネットやチラシで調べてみると、不動産の買取業者は数多くあります。当比較サイトのようなものも多くあるため、「一体どこを選んだらいいのかいいのか」「どんな業者がおすすめなのか」「業者選びのポイントはどこか」などに迷う方も多いことでしょう。

この記事ではそんな不動産買取業者選びにおいて、まず大手と地元それぞれの特徴など紹介しています。手持ちの不動産物件の特徴をよく分析した上で「自分の物件にはどちらが向いているのか」を把握して、選択するのがおすすめです。

大手買取業者の特徴とは?

まずは大手不動産業者の特徴を挙げていきましょう。

【メリット】

■知名度=信頼度

知らないところより知っているところが安心。という心理ですね。

■資金が潤沢で倒産の危機が少ない

一般にそうした認識ですが、CMなどをバンバン打っていた有名な会社が倒産することもありますので、実績や経営年数も意識しましょう。

■社員教育が一律

一律に社員教育を叩込みますので、通常は社員の質にバラつきが出にくいはずです。

■宣伝チャンネルが多く、宣伝力がある

おもに売却時に力を発揮する点ですが、買取に関しても売り手が多いほうが有利ではあります。

■全国にネットワークがある

遠方にある不動産を買取ってもらうときは現地に支店があれば融通が利くでしょう。

【デメリット】

■それほど売主に寄り添ってはくれない

買取依頼に来る売主も多く、ひとりひとりに対する思入れは少なくなるでしょう。

■ドライな対応姿勢

大手は信頼度が高いので、評判にあぐらをかいているところもあるようです。

■条件の良くない物件には渋い

多くの買取をするので、立地や条件の悪い物件には買取金額が低い傾向があります。

地元買取業者の特徴とは?

では、地域密着型の地元の中小買取業者はどんな特徴があるでしょうか。

【メリット】

■地元の情報に精通している

地元の情報に精通しているため、意外な売り先を知っています。したがって仕込み(買取)も熱心になる傾向があります。

■地元にコネクションがある

地主などと通じているため、意外な売り先を持っており、仕込み(買取)も熱心にな場合が多いです。

■地元の売主を大切にする

地域の評判がすべてなので、安価で買叩くというようなことはなかなかできないはずです。

■売主に親身になってくれる

相談に来てくれる売主がそんなに豊富にいませんので、ひとりひとりに寄添ってくれるでしょう。

■郊外の物件でも買取ってくれる

■狭い土地でも買取ってくれる

田舎の物件や小さな土地の買取は大手は嫌がる傾向ですが、地域密着型の中小買取業者は対応可能なところが多いです。「この地域で建てたいから」と地域限定で探している売主をキャッチしやすいので、現時点で買主が居なくても購入してくれることが多いでしょう。

【デメリット】

■大手より倒産が心配

資金力には差があります。しかし、シャッター商店街に小さな不動産業者が生き残っているのを目にすることがありませんか?意外に倒産しないという強さもあるんです。

■宣伝力が無い

しかし、買取に関してはそれほど差が付くわけではありません。

■社員教育にバラつきがある

担当者ごとの差がはげしいことがあります。しかし、ひとつの件案に関して全社一丸となって対応する傾向もあり、担当者の優劣が直接作用しないところもあります。

まとめ

いかがでしたか。物件の立地や広さに自信が無いときはむしろ地元密着型の中小業者を選択したほうがいいということがわかりましたね。

わたしが選んだ千葉県の不動産買取業者TOP5もすべて地元密着型の中小業者でした。結果論ですが、やっぱり地元の人間に親切というポイントは大きくて、対応がいいところが多いんですよね。

みなさんもランキングをよくチェックして、再度検討してみてください。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
千葉の不動産買取業者ランキング!
その他買取・売却業者