千葉で家や土地を売りたい方におすすめしたい不動産買取業者を厳選して紹介!【口コミで評判の不動産買取業者BEST5!】

転勤が決まったら不動産は売るべき?貸すべき?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/17

千葉から他の県へ転勤をすることになったら、不動産買取業者に依頼しておくべきです。不動産買取をしてもらえば、千葉の不要な物件も高く売ることが出来ます。しかし、千葉の物件は売らないで貸すほうがお得なこともあるのです。千葉から他の県へ転勤する場合には、売るかの、貸すのかといった選択を迫られますが一体どちらが良いのでしょうか。

売ってしまったほうが良い場合について

転勤が決まったら、不動産買取業者を利用して売ってしまったほうがよい場合もあります。たとえば、転勤後にまったく千葉に戻ってくる予定がないならば、不動産は処分してしまったほうが便利です。とくに北海道などの遠方へ引っ越す場合、不動産買取業者を利用して売ったほうが面倒は遥かに少なくなります。

貸すという手段もあるものの、やはり遠方の物件を管理するのは大変です。とくに不動産市場が売り手市場ならば、思い切って売るほうがよいくらいです。不動産市場は長らく買い手市場が続いており、転勤時に都合よく売り手市場となっているならば、潔く売るのがよいでしょう。

さらに不動産に愛着があるかどうかも関係してきます。もしも先祖代々の家ともなれば売るのも躊躇われるかもしれませんが、そうでないならば転勤に合わせて売ったほうが清々します。逆に不要な物件をいつまでも所有していると、メンテナンスコストや税金等が高くかかるだけですから気をつけましょう。

場合によっては貸したほうが良いこともある

もちろん、貸したほうがよいこともあります。たとえば、千葉に帰って予定があるならば、一時的に貸して賃貸収入を得てもまったく構いません。物件によっては賃貸収入が大きくなることもあります。「前々から不動産投資がしたかった」なんて場合にも物件を貸して賃貸収入を得てみると良いでしょう。

自分が住んだことのある物件を貸すのですから、家賃も適切に設定しやすくなってきます。物件管理等は全て業者に委託することもできて、遠方に引っ越す場合でもそこまで苦労になりません。税金上、売るよりも貸したほうが良いこともあります。

たとえば、物件を売って得た収入はもちろん課税されるため、物件を売ったことで税負担が重くなることも。反面、賃貸物件としてしまえば税的な優遇が得られることもあります。税額が急に増えることもないため安心です。それぞれの状況によって貸した方がよいことも多いため、ご自身と家族の要望、税金、管理などの要素を考慮して決定しましょう。

貸すことのデメリットについても理解しよう

貸すことで思わぬトラブルが生じることもあります。たとえば貸すことによって空き家リスクを抱えることとなります。空き家リスクとは賃貸物件が空き家になることで、メンテナンスコストばかりかかってしまってしまうことです。

空き家リスクになるかどうかは物件の立地等が大きく関わってくるので、賃貸物件として魅力的ではない物件の場合には売ったほうがよい場合もあります。また、物件を貸し出すと、物件を賃貸人に破壊されたり、家賃を払ってもらえずに立ち退き裁判をするはめになったりもありえます。

こうしたトラブルはやはり賃貸をする際には避けられないものです。 何より、賃貸物件として貸し出すと自由に売ることが出来なくなります。もしも売る場合には数ヶ月前以上前に賃貸人に周知して退去してもらわないといけません。一度賃貸物件になった物件は、中々売りにくいという難点もあります。このため、もしも売る予定があるならば賃貸物件化するのはあまりおすすめできません。

 

物件を売ったらよいのか、貸したら良いのはケースバイケースです。賃貸物件にすれば賃貸収入も得られてよい面もありますが、そのぶんリスクもあるのでさまざまな視点に立ってみて判断しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
千葉の不動産買取業者ランキング!
不動産買取関連コラム
その他買取・売却業者