千葉で家や土地を売りたい方におすすめしたい不動産買取業者を厳選して紹介!【口コミで評判の不動産買取業者BEST5!】

不動産買取と仲介の売却価格の違い

公開日:2020/10/01  

不動産の売却の方法には、主に不動産買取と仲介の2種類があり、それぞれに強みや特徴の違いがあります。売却する際に最も気になるポイントは、売却価格の違いではないでしょうか。千葉県にも数多くの不動産会社がありますが、不動産売却をするときには不動産買取と仲介の売却価格の違いを理解しておくことが大切になってきます。

不動産買取のメリットやデメリット

不動産買取は不動産会社が買い取ってくれますので、仲介のように一から購入希望者を探す必要のないことが特徴です。一般の購入者を探す必要がありませんので、売却を考え千葉の不動産会社に相談をしてから、売却の成立までの期間が不動産買取に比べると圧倒的に短くなることが魅力であり、一刻も早く売却したいと考えている人にも適しています。

なかなか一般の買い手が見つからないような、築年数の長い不動産物件や立地条件が悪いものに関しては、不動産買取を選んでおいた方が良いケースも多いです。

また、不動産買取を行っている会社は千葉にも数多く存在しており、どの会社を選ぶのかによって買取金額にも違いが生まれることも、頭に置いておく必要があります。複数の不動産会社に相談し、いくらで買い取ってもらえるか金額を提示してもらい比較してから決めることが、少しでも高く売ることにつながります。良い不動産会社を千葉で見つけることが、不動産買取を成功させるためには最も重要と言えるでしょう。

仲介のメリットとデメリットとは

仲介とは、売却する不動産を不動産仲介会社に売却の依頼をすることにより、買い手を見つけてもらう方法となっています。仲介は不動産買取とは異なり不動産仲介会社が不動産を購入するのではなく、個人の購入者との橋渡し役となることが特徴です。

不動産会社が売却者に代わって販売活動を行って購入希望者を探してくれますので、任せておけば良く、事前に希望売却価格を設定することができます。しかし希望価格を高くしすぎるとなかなか売れず、思いの外売却までに期間を要する可能性もあります。

選ぶ不動産仲介会社によって、売却がスムーズにいき希望価格で売れるどうかに影響が出てきますので、実績があり信頼できる不動産仲介会社を見つけることが重要ということも、頭に置いておきましょう。契約が完了した後にも、引き渡しや不動産の残金決済など、あらゆる面でサポートしてくれますので予期せぬトラブルに発展する心配もありません。安心して売却できるということが、仲介のメリットと言えます。

不動産買取と仲介の売却価格差について

不動産買取と仲介の異なる点として大きなものは、売却までに必要となる期間と売却価格ということは確かです。買取の場合には売却までに必要となる期間はかなり短くて済みますが、その分仲介に比べると売却価格が低くなる傾向にあります。その一方で仲介は、不動産市場の相場で売れる可能性は高いのですが、一から買い取ってくれる人を探すことになりますので、売却成立までに必要となる期間が長くなりがちです。

もちろん物件によってどの程度の期間で売ることができるのかということや、売却価格にも大きな違いがあり、不動産買取と仲介のどちらが向いているのかにも違いはありますので、物件を見極めて選ぶことがポイントとなってきます。

どちらの場合でも信頼できる不動産会社を見つけることが最も重要であり、複数に相談して信頼でき安心して任せられる先を探すようにしましょう。いきなり一つの会社に決めてしまうのではなく、話をしてみてサポート体制が整っていて、丁寧で安心できる先を選ぶべきです。

 

不動産売却は大きな金額が動くからこそ、不動産買取と仲介の違いをきちんと理解しておき、手放したい物件はどちらが適しているのかを見極める必要があります。どちらの場合でも、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
千葉の不動産買取業者ランキング!
不動産買取関連コラム