千葉で家や土地を売りたい方におすすめしたい不動産買取業者を厳選して紹介!【口コミで評判の不動産買取業者BEST5!】

不動産会社に土地買取をしてもらうメリット・デメリットを知ろう!

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/07/17

手持ちの不動産を売却する場合、一般的には2つの方法があります。1つは不動産仲介業者に依頼して買い手を探してもらう方法で、もう1つは不動産買取会社に買い取ってもらう方法です。このうち仲介業者については賃貸物件を探す時にもよく利用するのでなじみ深い存在ですが、不動産買取会社の利用も、内容をよく知ればさまざまなメリットがあることが分かります。

直接買取なら仲介手数料が要らない

不動産買取では、専門の買取会社が不動産オーナーから土地や建物を買い取り、さらに他の個人や企業などに転売します。購入時と売却時の差額がその会社の利益となります。これに対して仲介では、仲介業者がオーナーからの依頼を受けて広告活動などを行い、買い手を見つけます。

売買契約が成立した時は、成功報酬として仲介手数料を受け取ります。つまり、買取会社に不動産を売却する時は、手数料の支払いが不要だということになります。これが買取会社を利用する際のメリットの1つです。たかが手数料と思われるかもしれませんが、不動産は本体価格が高いため、手数料の額も決して安くはありません。

手数料の額については法律で上限が定められていますが、通常は取引価格の3%プラス6万円に消費税を加えた額となります。この計算式にしたがえば、たとえば4,000万円の土地を売った場合の仲介手数料は税込みで140万円近くになります。千葉のように不動産人気の高いエリアでは、必然的に手数料も高くなりがちです。

不動産の専門家ならではのスピード感が魅力

不動産買取会社を利用するもう1つのメリットは、現金化までの期間が仲介よりも短くなる傾向があることです。 仲介の場合、まずは購入希望者が現れるまでは待つ必要があります。さらに、購入希望社が現れた後でもその人の資金繰りの都合や他の候補物件との比較検討などに時間を要して、なかなか売買契約書を取り交わすところまで行かないというケースが珍しくありません。

一方、買取の場合は買い手が不動産の専門家ですから、購入決断するまでのスピードが速いのが特徴です。また、購入のための資金調達も通常の事業運営の一環として行われるため、やはり迅速です。

千葉のような人気エリアの優良物件なら、自分たちが買い取った後に新たな買い手を探すのにもさほど苦労しないため、即断即決で事が運ばれる確率が高くなります。現金化までの所要日数は会社によって異なりますが、最短で売却に合意した日の翌日に入金というところもあります。

デメリットについても知っておく

不動産買取会社の利用は土地や建物を売却する際に多くのメリットがある方法ですが、デメリットもないわけではありません。それは、一般的な傾向として仲介の場合よりも売却価格が低くなりやすいことです。先述の通り、買取会社は物件の転売によって利益を上げるビジネスモデルです。

そのため、安く仕入れて高く売るという商売の基本原則にのっとって、できるだけ買値を抑えようとします。その結果、仲介業者を通じて売却する場合よりも価格が低くなってしまうのです。

また、最終的な買い手が分からないというのも、場合によってはデメリットとなります。これは、自分が居住している地所の一部だけを土地買取に出して、残った部分で生活を続けるといったケースに該当します。この場合、仲介であれば買い手と直接契約交渉を行うため、相手の人となりや、土地買取後の活用方法などについてあらかじめ知っておくことができます。

しかし買取会社に売った後では知る方法がありません。望ましくない人が隣人になるというリスクも、ある程度想定しておく必要があります。

 

不動産買取会社は、メリットとデメリットをよく理解したうえで、自分のニーズに合わせて利用しましょう。もちろん会社ごとの特色を調べることも重要です。千葉の中でも特定のエリアに強みを持つ会社や、通常なら買い手がつかなそうな変形地や狭小地でも買い取ってくれる会社など、千葉にはさまざまな特徴を持った買取会社が存在します。

おすすめ関連記事

サイト内検索
千葉の不動産買取業者ランキング!
不動産買取関連コラム